スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北極圏
053XA3849N25 BlackEdge B-10C15 500pixSharp

北極圏にあこがれる.

暑くなるのはいーんだけど
アラスカの氷河の上の瞬間を思い出す.

 +

オーロラが遠くの稜線の上に伸びていた.
オーロラは、
北極圏に円を描くように出現する.

目の前に現れている帯の幅が
だいたい北極圏の幅ならば、、

地球のスケールに、少しだけ触れられた気がした.






スポンサーサイト
05/20. 22:58 [ Alaska ] CM4. TB0 . TOP ▲
心の風景
_MG_1670.jpg

アラスカに行って帰って来てから
携帯の待ち受けとPCのデスクトップに
アラスカの写真を使い回してきた.

気が付くと もうすぐ1年が経とうとしているのに

どんな精神状況にも馴染む風景がそこにある.

無機質な世界だったはずの世界が
自分の心の中の風景や感情に 実はよく馴染む.
そのことに10ヶ月経ったいま気が付いた.

 *

いい写真が撮りたい、かっこいい写真が撮りたい
と切望する一方で、自分の中にはそのイメージが無い.

いつも その場その場で衝動的に撮ってきたのだから.

でも その求めていた風景や感情を 
アラスカの風景が 内包しているように感じる..

 *

上の写真は プロカメラマンの たけちゃん が撮った写真.
2006年の半分くらいはこの写真をデスクトップにしていた.

またいつか行きたいな アラスカ.



01/11. 19:11 [ Alaska ] CM5. TB0 . TOP ▲
Alaska 12. (あれから 4ヶ月)
この前の満月があまりにきれいで、
月の明るさに改めて驚いていたら
思い出したのだが、

ルース氷河で過ごした期間は、新月だった.

月が出ていれば,
星空もまた違って見えていたんだろーな

先日キャンプの主催者団体によるイベントに顔を出して来た.

キャンプを支えて下さった全ての方に感謝している.
が、どんな人達がいるのか、ほとんど知らなかった.
今回のイベントで
キャンプの歴史と、受け継がれる思い、
星野道夫という人の存在を少し感じることができた.

単に自分がアラスカに行ってみたくて、
その1つの方法として
あのキャンプにたどりついた というだけでなく、
大きな流れがちゃんとできているのだった.

 + + + + + +

日本の夏空は、スカッと晴れていても
少し白みがかっている.
晴れている日ほど,午前中の早い時間から
大量に蒸発した水蒸気が雲をつくってしまう.

あの 真っ青! な空に出会っていない.

やっぱりあれは 
あそこでしか見れない空の色なんだろうか..

今年の参加者による文集を受け取った.
ぶあっと いろいろ思い出した.
やっぱりみんな,
見事に星野さんの術中にかかっているようだ.
みんな少しずつ、これからのことに触れているのが
印象的だ.

 + + + + + +

星野道夫さんの写真展が開催されています!!

08/16. 18:43 [ Alaska ] CM0. TB0 . TOP ▲
Alaska 11. (今、思うこと)
アラスカに行って 何を得られたのか




実際に自分の足で立って、五感を圧迫されて

あの場所に確かに氷河の世界がある ということを知ることができた.

今、それを想像することができる ということ.





青い空. そびえる山脈. 見渡すかぎりの雪原. 静けさ..

 + + + + + +

参加者は、最年少が10才の小学6年生だった.
10年前、自分が13才で参加していれば
星野さんに会えたのか..


今までのどんな旅やキャンプとも ひと味違った体験だった.

そして本当に楽しかった.
大学に入って,一人旅にこだわっていた自分にとって
こんなに 別れが名残惜しいのは久しぶりだった.

 + + + + + +

2ヶ月かけて綴ってきたアラスカシリーズは
これでおしまいです.

CA280153.jpg



06/11. 08:49 [ Alaska ] CM0. TB0 . TOP ▲
Alaska 10. (諦念)
アラスカに行って、その大自然の中で
いま自分が進もうとしている方向について、
自分の生き方について 考えてみよう.


なーんて 思っていた.
CA280183.jpg


何かを考えるつもりだったのだけど、

何も考えられなかった..

圧倒的な自然の造形を前にして、
五感は常に威圧されていた.

感じることが先行してしまっていて
思考が追いつけない.
感じていることの余韻を自分の中に留めておきたくて
考えたくない 状態だろうか、


セスナがルースを飛び立ち、
谷を分け入って進み始めたとき、
すべては日本に帰ってから 
思い出し、考えることになるんだな、と悟った.



タルキートナで、夕飯の帰りのバンの中、
Ser.が「これ(この体験)をどんな風に表現する?」って聞いた.
TAICHO が「生き方」って言った.
かっこいい.俺にもできるだろうか、
みんな 見事に星野さんの術中にかかったようだ.

残念ながら 時間が経つにつれ、
現実や日常に もまれるにつれ、
貴重な経験も どんどん忘れていってしまうことを
知ってる.
「忘れないこと」それが、けっこう大事.




06/08. 20:53 [ Alaska ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。